池袋の事故が騒がれた理由(推測)

かなり下品な話題ではあるのですが、詳しい方がいればご教示いただきたいという気持ちが勝ったので書くことにします。2名が死亡した池袋の事故に関して、きょうもえ(id:kyoumoe)さんの以下の記事に接しました。

「回復を待って逮捕」を知らない人間は普段ニュースを見ていないのでは - 今日も得る物なしZ

記事は、「現行犯逮捕されないのはおかしい」といった類の主張に対して、「回復を待って話を聞く」のはよくあることであると指摘するものです。この指摘はまったくおっしゃるとおりだと思います。

ただ、今回の件がこれほどまでの騒ぎになった原因は、多分そこではないんですよね。きょうもえさんが「上級馬鹿」と揶揄される人たちも、さすがにニュースを見ないということもないでしょうから、単に自身の抱く違和感の根本を自覚できていないだけではないかという気がします。

本件の発端となったニュース記事はこちら。

池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに - 毎日新聞

同記事に接したとき、率直に言って私も一瞬わずかに違和感を抱きました。冒頭部分を引用します*1

19日午後0時25分ごろ、……板橋区の無職、飯塚幸三さん(87)の乗用車が……暴走し、……自転車の母と娘2人が死亡、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。

ご覧のとおり、暴走車を運転していた男性の氏名が、なぜか「さん」付けで記載されているのです。

たしかに警察が「回復を待って話を聞く」こと自体はよくありますし、そのようなニュースが報じられることも珍しくありません。しかしそうした場合、「話を聞」かれる人物は、「男」や「男性」などとされるのが一般的ではないでしょうか。それが今回は「さん」付けされている。このことが何とはなしに「特別扱い」の印象を与え、しかしそうした印象の出所を明確に自覚できない人たちが、むりやり「現行犯逮捕されないのはおかしい」などといった理屈を後づけで考え出して大騒ぎした、というのが今回の騒動の仕組みでしょう。

ちなみに、ではなぜ今回は「さん」付けされているのか。

私は、いまのところ、その原因は男性の弁解(?)にあるのではないかと考えています。すなわち、暴走車を運転していた男性の「アクセルが戻らなくて」といった弁解(?)から、事故が自動車の不具合に起因する、つまり男性自身も「被害者」である可能性を視野にいれて記事を書いた結果、あのような書きぶりになったのだ、ということです。

もっとも、私はいわゆる「報道のお作法」に詳しくありませんし、特別に調べたりもしていません。なので、「それは違う。その理由はこうだ」と説明できる詳しい方がいれば、ぜひご教示いただきたく思います。

*1:引用者において一部省略し、また太字強調を施しました。

飽きもせずに同じことを……

とりあえず

なんでもいいから書いておかないと、どんどんブログ更新が億劫になってしまう……。

「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト

楠本まき"ジェンダーバイアスのある漫画を規制しろ" 少女漫画家が唱える自分勝手なファシズムの恐ろしさ - Togetter

新しいことは書かないし、多少不正確にもなるけどご了承ください。詳細はリンク先の各拙記事を参照ということで。

進歩がない

ジェンダーバイアスに関するなんらかのガイドラインを設けては、というくらいの主張に対して、分かってない感じの人たちが分かってない感じの大騒ぎをくりひろげるといういつものやつ。本当に進歩がない。

まあ進歩がない理由については分かっていて、相手の主張をきちんと理解しようという姿勢がないからなんだよね。

もう書いた。

聞く力のきたえ方 - U.G.R.R.

ガイドラインが「強制」ですか(笑) 

それにしてもこの種のヒステリックな反発をする人たちって、ほんとに言葉が軽いよなあ。ガイドラインの策定程度のことが「強制」で「全体主義」ですか。(表現の自由をはじめとする)憲法上の権利が一次的には対国家的なものであるということすら意識してないから、こういう反応になっちゃうのかな。

ガイドラインに強制力なんてないし、そもそも冒頭の記事でガイドライン策定を提案してる楠本さん自身、ガイドラインにふれるような表現も載せうるとはっきり言ってるんだけどな。

これももう書いたな。

表現規制とリベラル - U.G.R.R.

不快を理由にした規制もありうる - U.G.R.R.

危害原理(笑) 

そうそう、こういう話をしてると、「他者の権利を侵害する場合でない限り、表現の自由を制約することは許されない」的なことをうわ言のようにくり返す人が現れるよね。いわゆる危害原理(笑)。

でも危害原理って、一部の特殊な人たちが信仰してる宗教みたいなものというか、まあはっきり言って幻想で、現実にはまったくそんなことないから。個人の権利に還元できない社会的な利益のために表現が規制されてる例なんていくらでもあるよ。

ついでに言っておけば、こうした社会的な利益とか、さらには権利侵害の有無も、実務上往々にして社会通念に照らしてその判断がなされるわけで、こういう社会通念を「個人のお気持ち」だとか「単なる主観」だとか言って勝手に矮小化しちゃうのも「お花畑」的だよね。

このあたりのことも書いたんだよなあ。

危害原理という信仰 - U.G.R.R.

太宰メソッドを越えて - U.G.R.R.

不快を理由にした規制もありうる - U.G.R.R.

結局

ぜんぶもう書いてるわけですよ。進歩のない人たちが同じ話をくりかえしてて、こっちも倦まずに同じ話をし続けなければならないのかもしれないけど、まあ徒労感はある。

普天間は返還されるのか

以下の記事とそれに対する反応に接しました。

沖縄県民投票「反対」多数確実 有権者の4分の1を超える勢い | NHKニュース

はてなブックマーク - 沖縄県民投票「反対」多数確実 有権者の4分の1を超える勢い | NHKニュース

辺野古埋立てに対する圧倒的多数の反対意思が示された今回の投票結果はとても重いものだと思います。

ところで、上記の反応の中で、id:hihi01さんの以下のブックマークコメントが目にとまりました。

沖縄県民投票「反対」多数確実 有権者の4分の1を超える勢い | NHKニュース

<a href="/maruX/">id:maruX</a> さん、辺野古基地建設後も普天間基地が返還されないのですか?どこかにソースはありますか?教えていただければ幸いです。

2019/02/25 06:26

b.hatena.ne.jp

私はこの問題についてさほど詳しくもないし、いま個人的に少々忙しかったりもするのですが、辺野古基地建設によって普天間が確かに返ってくるのかというのはとても重要な問題だと思うので、知っていることをきわめて簡単にだけ記します。詳しい方がより充実した記事を作成してくださることを期待します。

 

普天間の返還条件は、日米両政府が平成25年4月に共同発表した「沖縄における在日米軍施設・区域に関する統合計画」中に記されています。

  1. 海兵隊飛行場関連施設等のキャンプ・シュワブへの移設。
  2. 海兵隊の航空部隊・司令部機能及び関連施設のキャンプ・シュワブへの移設。
  3. 普天間飛行場の能力の代替に関連する、航空自衛隊新田原基地及び築城基地の緊急時の使用のための施設整備は、必要に応じ、実施。
  4. 普天間飛行場代替施設では確保されない長い滑走路を用いた活動のための緊急時における民間施設の使用の改善。
  5. 地元住民の生活の質を損じかねない交通渋滞及び関連する諸問題の発生の回避。
  6. 隣接する水域の必要な調整の実施。
  7. 施設の完全な運用上の能力の取得。
  8. KC-130飛行隊による岩国飛行場の本拠地化。

これらの条件をみたさない限り、普天間は返還されません。そして、これらの条件の中でも特に問題とされているのが、4番目の条件です。平成29年6月6日参議院外交防衛委員会においてなされた、普天間の返還条件に関する民進党(当時)の藤田幸久防衛大臣(当時)稲田朋美とのやりとりを引用します*1

藤田幸久君 (略)

続きまして、資料の七ページを御覧いただきたいと思います。

これは、沖縄等米軍基地問題懇談会におきまして防衛省から出てきたペーパーでございます。一番下の五行ほどでございますけれども、「「普天間飛行場代替施設では確保されない長い滑走路を用いた活動のための緊急時における民間施設の使用の改善」が普天間飛行場の返還条件とされておりますが、現時点で、この点について具体的に決まったものがあるわけではありません。」というふうに文書が出ています。この場で別の議員が、同時進行であっても返還条件が整わなければ普天間飛行場は返還されないのかという質問に対して、防衛省は、そういう理解ですと答えました。これで間違いないですね。

 

国務大臣稲田朋美君) 緊急時における民間施設の使用の改善について、現時点で具体的な内容に決まったものがないため、米側との間で協議、調整をしていくこととしております。

そして、御指摘のその懇談会における防衛省職員の説明、このような具体的な内容について、米側との協議によることを前提として、普天間飛行場の返還のためには、緊急時における民間施設の使用の改善を含む返還条件が満たされる必要があるということを述べたものでございます。

仮に、この点について今後米側との具体的な協議やその内容に基づく調整が整わない、このようなことがあれば、返還条件が整わず、普天間飛行場の返還がなされないことになりますけれども、防衛省としては、そのようなことがないよう、返還条件が満たされ、普天間飛行場の返還の実現の支障とならないように対応をしていく考えでございます。 

まずすでに述べたことではありますが、ここで稲田が緊急時における民間施設の使用の改善を含む返還条件が整わない限り普天間は返還されないと明言していることを確認しておきたいと思います。辺野古基地建設のみによって上掲した8つの返還条件を充足しないことは明らかであり、その意味において、「辺野古に基地を建設したからといって普天間が返還されるわけではない」というのは、実は防衛大臣でさえ公式に認めている否定の余地なき事実なのです。政府をはじめ辺野古の基地建設を推進する勢力は、辺野古に基地を建設しさえすれば普天間が返還されるかのような物言いをして、他にもさまざまな条件があることを決して述べようとはしません。きわめて不誠実な態度だと思います。

さてそもそもの問題としてこの点を指摘したうえで、「緊急時における民間施設の使用の改善」(4番目の条件)に話をうつします。これは大雑把に言ってしまえば、2700メートルある普天間の滑走路に比べて辺野古の滑走路は1800メートルと短いため、緊急時には長い滑走路のある民間施設を使わせろ、という条件です。稲田はこの条件については現時点で具体的な内容として決まったものはないというのですが、こうした明らかに紛糾が予想される条件についてなんら具体的に決まらないまま辺野古基地の建設を急いでいるのだとすれば、そのこと自体があまりにも短慮というべきではないでしょうか。実際、稲田は具体的になんら決まっていないというものの、米国会計検査院が平成29年4月に作成した報告書等からこの条件において想定される「民間施設」は那覇空港だと推察されるとして、当時沖縄県知事であった翁長雄志が「(米軍には)絶対に那覇空港を使わせない」と強く反発したことなども報じられています*2。このような状況で辺野古に基地を建設したところで、スムーズに普天間が返還されることなど絶対にない、と私は思います。

辺野古の基地建設が進んだ段になって、政府が後出し的に「緊急時における那覇空港の使用」を言い出し、さすがに沖縄が「いいかげんにしろ」と憤激して事態が膠着したとき、辺野古の基地建設を推進してきた勢力はいったいどのような反応を見せるのでしょうか。ぬけぬけと「真摯に受けとめる」「理解を得る努力を重ねたい」などと述べながら実際には何一つしない政府。「反対派のせいで普天間に負担が押しつけられる」「沖縄は独立して中国に侵略されろ」などと、「反対派」に責任を転嫁し悪しざまに沖縄を罵る(辺野古基地建設推進派の)ネット世論。……目に浮かぶようです。

素面ではできないな

折にふれて述べていることですが、はてな匿名ダイアリー(以下、「増田」といいます)における個人への言及は基本的に規約違反であり、削除を申し立てれば当然その記事は削除されますし、悪質な場合は投稿者へのはてな利用停止措置もあります。

規約違反の記事に対してどんどん削除申立てを行っていけば、悪質な者、くり返す者は利用停止となるため、将来にわたって規約違反を増田から一掃できますし、それはとりもなおさず新たな被害の発生を防ぐということでもあります。それゆえ私個人としては、言及された方にはとにかくどんどん削除を申し立ててほしいし、自分自身もどんどん削除を申し立てていくつもりでいます。

ということで今日は酔いに任せて、この4か月の間に私に言及した増田の記事に対して、削除申立てを行ってみました(われながらバカバカしくて、酔っていないととてもできないなと思います)。といっても、私はさして知名度があるわけでもないうえ、しきりに削除申立てについて言及しているせいか最近ではあえて私への言及を避けているような記事も散見されるようになり、今回新たに発見できた言及記事は3件にとどまりました。今回とは別の機会に偶然目にとまって削除申立てを行った記事等もあった気がしますが、それらをあわせても5件前後といったところです。もっと頻繁に言及されるような「大物」が削除申立てを行ってくれれば、との思いがよぎらないでもないのですが、無論それはバカげた夢想というべきものでしょう。やはり酔っていますね。

なお今回の検索を行う中で、当然のことではありますが、いろいろな方が増田で言及されているのだということを再認識しました。言及されているのを見かけたら教えてほしいという方がいらっしゃれば、適宜の方法で私までご連絡ください。気づいたものについてはできるだけご報告させていただくようにします。

エホバの証人の思い出

こんな匿名記事に接しました。

エホバの証人って本当にそんなにヤバいのだろうか?

いろいろあってエホバの証人を辞めたという人が、「一般人がどうしてこの宗教を危険視するのか分からない」との疑問を呈する、といった内容。

基本的には私もこの方の疑問に同調する立場ですね。憲法を勉強していると必ずいくつかこの宗教の絡んだ事件に接することになり、それらの事件から垣間見えるあれこれに照らして、私自身が入信することはまずないと思いますが、しかし外部の人間として付き合う限りにおいて、彼らに危険性があるとは思えません。

もうほとんど覚えていないのですが、記事を読んで少し私のエホバの証人に関する思い出を残しておきたくなったので記します。

学生時代のある時期、私のアパートにはエホバの証人の信者の男性がほぼ毎週(くらいのペースだったのではないかと思います)訪れていました。彼は毎回、私に2冊の小冊子を渡し、聖書の一節を読み上げ、その内容に関連するいくつかの質問を投げかけ(私がそれに応答し)、そして帰っていきました。

私は初回に「神はいると思うか」というようなことを聞かれ、少なくとも肯定的な返事はしなかったはずなのですが、彼は特段気分を害したり拒絶の意思をあらわしたりする様子もなく、私のもとに通い続けました。またその間、私は一度として集会の類に参加することはなく、彼とのやりとりは私のアパートの玄関でしか行われることはなかったのですが、彼がそのことを気にするそぶりも微塵もありませんでした。というよりも、記憶する限り、私は彼から具体的に集会への参加を呼びかけられたこと自体ないはずです。今となっては会話の内容を思い出すこともできませんが、しかし彼が私の人生(あるいは私という人間でしょうか)を良くしようと思ってくれていることは伝わってきました。穏やかで誠実な人だったと思います。

彼の訪問は、1年だったか2年だったか、それくらいで終わりを告げました。彼がその地を離れることになったのが理由です。彼は私の名前すら知らず、私も彼の名前すら知らないままでした。彼はいまどうしているのでしょうか。幸せであってほしいと思います。

不快を理由にした規制もありうる

ちょうどいいタイミングで以下のまとめ記事に接したので、このあたりで最近続けていた表現規制をめぐる話題について改めて要点を記しておきたいと思います。

「間接的に誰かを傷つけるかも知れない」を理由に規制すると創作物全滅の可能性。『not for me』の受容を大事に - Togetter

なお、本記事ではいつも以上に分かりやすさを優先したいと思っているので、やや不正確な表現をする場合もあります。きちんと知りたい、考えたい、批判したい、という場合には、以下の記事にあたってください。

表現規制とリベラル

危害原理という信仰

太宰メソッドを越えて

結局、表現の自由に関する極端な主張というのは、「他者の権利を侵害する場合でない限り、表現の自由を制約することは許されない」という「お花畑」的テーゼに支えられているんですよね。すでに述べたことですが。

現実には、まったくそんなことはない。美観や静穏、性道徳の維持、あるいは電波の混信防止などなど、個人の権利には還元することのできない、いわば社会的な利益のために、表現の自由は規制されています。でないと世の中まわらない。

では、「社会的な利益」とはなにか。それは突き詰めれば、世間にとって望ましい状態の確保ということになります。表現規制は、世間にとって望ましい状態を確保するためにも行われる。言い換えるならば、世間にとって望ましくない(=不快である)と判断されるものは、表現規制の対象になりうるということです。

このように言うと、必ず「世間ではなくお前が不快なのだろう」と脊髄反射で反駁してくる人がいます。そういう場合もあるでしょうが、しかし上述のとおり「世間」というものは確かにあって、実社会においても重視されています。そしてきわめて一般的な話として述べれば、ひとさまの目につく場所で性的なものを見せてまわるようなことは、世間にとって望ましくない(=不快である)とされています。刑法で公然わいせつやわいせつ物頒布等といった罪が定められていることを想起してください。

冒頭掲記のまとめ記事では、「誰かが不快、を理由に規制するならすべてを規制しなければならない」という趣旨のことをいう人が多数いました。しかしそこでは、実際には「誰かが不快」ではなく「世間が不快」なのではないか、ということこそが真に問われるべきなのです。

無論、こうした問いに対する答えは事案によって異なり、本当に「誰か(個人)の不快」にとどまるということもありえます*1。しかしそれは、まず訴えられた「不快」に対して真摯に向きあい、相手の主張をよく吟味してはじめて分かることです。そうした過程を経ないまま、すべてを「誰か(個人)の不快」に矮小化して好き勝手な表現を続けていくというのであれば、きっとそれは世間が許さないでしょう。

最後に私個人の話をしておきます。私は、5年ほど前には表現規制に対してきわめて慎重な立場でした。それは、公権力の介入に対する懐疑と規制が必要なほどの状況にはないという認識によるものでした。しかしいま、私は表現規制に対して中立的(どちらとも言えない)という立場です。それはこの5年ほどの間に、差別わいせつなんでもござれ、俺たちは好き勝手に表現を行うのだ、という一部の人たちの表現の自由に関するあまりに極端な主張を見続けてきて、これをこのまま放置してよいのか、という気持ちが芽生えてきたからにほかなりません。私のような人間が増えていくことによって、表現に対する世間の目は厳しくなっていくのでしょう。表現の自由について、ほとんど原理主義的ともいうべききわめて過激な主張をされている一部の人たちには、自分たちが表現の自由の足場を掘り崩しているのではないかということについて、一度考えてほしいと思います。

*1:そうした場合にその方の不快を軽視してよいというわけではありませんが。