読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキサス、死刑、冤罪

アラン・パーカー監督『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(2003年公開)を見た。

女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)は、死刑囚デビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)から指名を受け、彼のインタビューを行うためテキサスへと赴く。ゲイルは、共に死刑廃止運動に取り組んでいたコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプし殺害したとして死刑判決を受け、その執行を4日後に控えていた。当初はゲイルの有罪を疑っていなかったビッツィーだが、次第にゲイルは無実であると考えるようになり、彼を死刑から救うために奔走する。

本作の公開は2003年であるが、2年後の2005年9月に本作の舞台であるテキサスにおいて絶対的終身刑が導入されたことを先日の記事で紹介したばかりだったので、ある種の感慨を抱きながらの鑑賞となった。

ストーリーは、「現在」と「過去(回想)」とが交互に描かれる形で進行していく。「現在」では、事件の真相を明らかにするためのビッツィーらの試行錯誤が、緊張感をもって描かれている。ビッツィーらの周りに見え隠れする不審な「カウボーイ」の存在もさることながら、なによりも死刑執行まで4日間という厳然たる期限が、物語の全体を引き締める効果を果たしているように思う。

「過去(回想)」では、ある出来事をきっかけとしてゲイルが転落していく過程が、丁寧に描かれている。ゲイルの努力にもかかわらず悪化の一途をたどる状況、ひとたび動き出してしまえばもはや抗うことのできない運命ともいうべきものを丹念に描くことによって、ゲイルの選択に説得力が付与されているように思う。

総じて、本作は作劇の基本がしっかりと押さえられているといった印象である。特に、謎解きの要素が多くを占める作品であるから具体的な言及は避けるが、 多くの伏線が丁寧に張られており、私が本作で最も感心したのはこの点である(紹介できないのが残念である)。娯楽作品として安定して楽しめる仕上がりになっていると言ってよいだろう。

良い映画だと思う。

 

なお、本作のDVDには、特典メニューとして、監督による音声解説や未公開シーンのほか、「テキサスと死刑」と題する10分弱の解説も収録されている。10分弱という時間からも分かるとおりさほど詳細な内容ではないが、まったく予備知識のない方が映画をより楽しむためには有益であろうと思う。