2020-02-28から1日間の記事一覧

田嶋陽子と私のフェミニスト批判

このところ再評価の兆しがある田嶋陽子の、『愛という名の支配』(新潮文庫、2019年)を読みました。 愛という名の支配 (新潮文庫) 田嶋の代表作、と言ってよいのかどうかは分かりませんが、1992年に太郎次郎社、2005年に講談社+α文庫から刊行され、今回が3…